Days of production-きまぐれごはん
物づくりしながらだらだらと過ごす生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Photoshop CS3 Bridgeで指定の文字列を抽出する
先日まで、気づかずフリーの指定のファイルを抽出選択するといったソフトを使っていたのだけど、実は結構ずーっと使っているBridgeで指定の文字列の入ったファイルを複数抽出して選択することが判明…
あああ。
私は今までBridgeの何を使っていたんだぁああああ!!
というわけで、忘れないようにまたもやメモしておくことにする。
ブリッジ1
画像の「ここ」というところをクリックすると探し出したいキーワードを入力できる窓が表示されます。
私は仕事で画像に●●01.jpg~●●10.jpgといった、ファイル名+連番というようなのをいっぺんに大量に使うため、わざわざ指定の文字列の入ったのを探さなければいけなく、それをフリーソフトで補っていました。
んで「01.jpg」と入ったものをキーワードに追加。
追加した後何かしらのフィルタを追加しているようで、ちょこっとだけ待ちます。
PCのスペックによっては結構待たされるかもしれません。

そのあと、画像のように「その他のキーワード」の部分に「□01.jpg」と追加されました。

抜き出したいファイルが入っているフォルダ、もしくはファイルを大量に選択し、□01.jpgの「□」部分にチェックを入れます。
(ファイルやフォルダが選択されていないと、チェックが付きません!)
チェックを入れた後、□01.jpgの上で右クリックします。
右クリックで出てきたメニューの下の方(私の画面では一番下)に「検索」というのがあるので、それを選択。
すると、検索条件の入れる窓が表示されます。
ブリッジ2

・ソースには検索したいフォルダ
検索条件には
・ファイル名(ファイル名に「01.jpg」と入ったものを探すので)
・次を含む
・設定したキーワード(今回は01.jpg)
をいれ、いずれかの条件が満たされてる場合を選択、した二つはチェックなしでOK

と、これで、メインウィンドウに希望のファイルが所狭しと並ぶわけです。
bridgeがなぁ、もっと軽ければなぁ。
起動にちょっと時間がかかるのですよね。
でも、これでアクションが対象のフォルダに一括でかかるので、仕事ではかなり重宝してます。
個人的にはCS3のBridgeが一番使いやすいです。
会社のマシンで一台CS4が入ってますが、仕様や見た目がかなり違っていて使いづらいです。

て、なんだかんだいっているうちにCS5ですか…
時代は進んでいるんですね。

て、気づいたことでした。

他にフリーで使いやすくて使っているものが、スクリーンショットソフトとリネームツールです。
PettyCamera
スクリーンショットがワンタッチで取れます。インストールもされないし、結構扱いやすいです。
Flexible Renemaer
大量にリネームするときに割りと上限の枚数が決まっている中、そんなことも無く分割画面でファイル選択もしやすい。といった感じです。
スポンサーサイト

テーマ:パソコン教室 - ジャンル:コンピュータ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://president1209.blog36.fc2.com/tb.php/17-c2f42011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。